the Dream Deliverer 夢屋

01.Doll

 薄曇りの中、煉瓦で彩られた通りに人影はまばらだった。瀟洒な建物も寂しげに映る。澱んだ空気が急くこともない。闇を食らって輝く街は、未だ眠りの中にある。
 男は路地から顔を出すと、適当な場所を見つけて敷物を広げた。深くかぶった帽子のため、顔は窺えない。彼がまとう外套は薄汚れていたが、彼自身には微塵の濁りも感じさせなかった。
 彼は背負っていた大きな鞄から、小さな瓶をいくつも取り出しては、丁寧な手つきで一つずつきれいに並べた。弱々しい太陽の光を受けて、瓶は柔らかな影を帯びる。
「これ何」
 光に吸い寄せられるように、どこからか子供たちが近付いてきた。その目には、今日の空には望めない輝きがきらめいている。
 男はそれを見て、帽子のつばを上げた。青天の真っ直ぐな瞳が細くしなる。優艶で柔和な笑顔が子供たちを安心させた。
「これはね、みんなの夢が詰まってる魔法の小瓶だよ」
 彼は小瓶の一つを子供たちの前に翳して見せた。陽に焼けた肌に、色素の薄い髪が揺れる。
「夢、僕らの夢」
 子供らの顔に、微かな影が射す。男はそこに世界の闇を嗅ぎ取った。皺寄せは、こんな年端もいかない子供たちにまで及んでいる。男は子供の小さな手を取って、小瓶を握らせた。中から七色の光が溢れ出す。
「大丈夫。消えないよ。君たちのそばにいつもあるよ」
 彼の声は、子供たちの隙間を埋めるように、体の隅々へと染み渡っていく。男の大きな手が、ふんわりと子供の頭を撫でた。春風のような温もりが、空から降ってくるようだった。
 闇は吹き消された。
「おじちゃん、あたしにも頂戴」
「こらこら、僕はまだおじちゃんなんて言われる歳じゃないぞ」
 男は眉を下げて微笑みながら、差し出された手の平にしっかりと小瓶を持たせた。広がる安らぎに子供は唇を噛み締め、泣きそうな顔で精一杯笑顔を返す。男は子供といえそのような気遣いを知っている彼らに、えも言えぬ寂寥感を覚えた。
 ふと、視線に気付く。
 胸に広がった愛しさに、乱暴な矢が刺さる。
「もうすぐ雨が降るから、早くお家にお帰り」
 男は子供たちの頬を撫でて諭す。彼らは素直に頷いて、家路を走った。
 去っていく子供の背中を見送りながら、男は視線を探る。澄んだ青い瞳には、達観した諦念が漂っていた。
 男はすぐそばにある視線の主を見上げた。そこには、異国の少女が一人佇んでいた。
「いらっしゃい」
 男は変わらぬ笑みを少女に送る。しかし少女は男を見ることもなく、地面に並べられた小瓶を興味なさげに見おろしていた。
 長く真っ直ぐな黒髪が、微風に揺らぐ。ほのかに甘い香りが男に届く。陶器のようになめらかな肌には、一切の色がない。少女はくるぶしまで隠れる黒いスカートを器用に折りたたみ、男の前にしゃがみ込んだ。
 少女の顔立ちはまだ幼い。さきほどの子供たちより少しばかり上だろう。男は伏し目がちな少女の長い睫毛を眺めながら、小瓶を勧めるか否か逡巡した。
「許可とらないと、殺されるわよ」
 赤い紅をひいた小さな唇から、鈴の音のようなきれいな声が零れた。男は悲しそうに目を細めて笑む。少女の感情の失せた声に、救いがたい闇を見たのだった。
「大丈夫だよ。こう見えてそれなりに強いから」
「ふうん」
 少女は気のない返事をして、抱えた膝の上に顎を乗せる。
「君、名前は」
 男は小瓶を一つ手に取り、少女の方を見ないで問うた。
「人に名前を聞くなら、あなたから名乗るべきだわ」
「まるでナイトのようなことを言うんだね」
 男は苦笑して、肩を竦めた。
「夢屋、とでも言っておくよ」
 手の中の瓶を空に翳す。
「子供騙しでしょう」
 聞き取れないほど小さな声で、少女は笑う。
「さぁ、次は君の番だ」
「名前なんてないわ」
 凍てつくほど可憐な指が、乱れる髪を掬う。
「ドール」
 遠雷が風に乗って運ばれてくる。少女の呟きは、男に一つの確信をもたらした。
「黒のドールって呼ばれてる」
 歌うかのように、彼女は自らを貶める。
 少女は顔を上げて、真っ直ぐ男を見据えた。
 辺りに光が満ちる。轟音が近付いた。
 切り揃えられた前髪の下に、洞穴のような昏い瞳が覗く。
「私にも夢をちょうだい」
 少女の微笑みは、思わず男を縛りつける。搾り出すように彼は数ある小瓶の中から、最も強い輝きを放つものを手に取った。
 少女へ近付くにつれ、みるみるうちに光は影に呑まれていく。
 二人の間に、雨粒が落ちた。

 長く戦争が続いている。大陸全土にまで広がった戦乱は、多くの兵士を食い散らし、多くの孤児を生み出した。
 夢屋は被り直した帽子で雨を凌ぎ、暗闇の町を歩いていた。大通りから遠い路地には、覆い隠されることなく闇が息づいている。降り止まぬ雨に、腐臭が湧き立つ。道端に捨てられた死から、土を手放すまいとする力が見えた。夢屋はそばに膝をつき、地面に突き立てられた硬い指を掴んだ。
「何が欲しかったの、どんな夢を見てたの。ちゃんと受け取るよ」
 優しい語りかけに応える者はいない。けれど夢屋は満足そうにほほえむと、小瓶を取り出して栓を開けた。
「無駄にはさせないから。安心して」
 夢屋は指を元に戻す。それまであった力みは消えていた。世界へと同化していく。小さな光が揺らめいた。またひとつ、無念に終わった夢が拾われていく。
 雑音が続く。雨はやむ気配を見せない。
 表通りを窺うと、ドールと歩く軍人の姿が目に付いた。軍営に近いこの街では、高位の軍人も珍しくなく、自然とドールの数も増えた。
 夢屋は昼間に会った黒のドールを思い出した。
 彼女が手にした途端、小瓶から光が失せた。あれほどの闇を持つ人間は、そう滅多にいるものではなかった。ドールという境遇だとしても、彼女のようなまだ幼い存在が抱えられるようなものではない。
 しかし彼女は、それをさらに増幅させようかという微笑みをたたえていた。そこに計り知れない恐怖と、切ないほどの叫びを見たのだった。夢屋に理屈はなかった。ただ、彼女に会う前に感じたあの鋭い視線が、彼を突き動かした。
 臆することなく手を伸ばせる彼らへの強い羨望。それを知ってしまったからには、夢屋は彼女を見殺しにすることはできない。
 彼女の闇を振り払うには。彼女に彼女の闇を突きつけるには。彼女に夢を信じさせるには。
 路地から見える表通りは、虚飾の光に覆われていた。

 一歩、足を踏み出す。泥だらけの革靴が、明かりに晒された。道の両側には娼館がひしめきあっている。作られた光と垂れ込める闇が、建物を挟み込んでいた。夢屋は黒のドールの姿を探した。
 彼女は間もなく彼の前に現れた。将校に肩を抱かれて歩いている。彼女の夜が雨に煙った。
 夢屋はその場に佇んで、二人が近づいてくるのをじっと待つ。傘もささずに突っ立っている夢屋の姿は、すぐに彼女の目にも留まった。夜空をも押し退けるほどの黒い瞳が、夢屋をとらえてすぐに逸れた。少女は更に将校に寄り添って、夢屋の横を通り過ぎていく。まるでそこには何もないかのように振舞う。夢屋はそこに彼女の夢を嗅ぎ取った。
 振り返り、追い駆けた。
「いつまで諦めた振りをするつもりだ」
 夢屋の声に、少女は立ち止まる。隣に立つ将校が振り返り少女に問う。
「知り合いかな」
 少女は答えない。将校は呆れたように肩を竦めると、夢屋を肩越しに睨みつけた。
「無粋だよ」
「あんたは黙っていてくれ」
 夢屋は、将校に目もくれず言い放つ。空気がざわついた。道の端から、店の窓から、冷ややかな視線が集まる。
「聞こえているんだろう。届いているんだろう」
 夢屋は一歩また一歩と、少女へ歩み寄る。少女の小さな背中は、夢屋を頑なに拒んでいた。
「大丈夫。消えないよ。君のそばにいつもあるから」
「長生きせんぞ」
 将校は腰から銃を抜き、夢屋の脚を撃った。衝撃で体が斜めに傾ぐ。将校は満足げに夢屋を見下ろした。
「脚の一本では済まなくなるぞ」
 銃口が下を向く。夢屋は低く唸り、将校を睨みつけた。
「貴様に何の権利がある。人の夢を奪う重みを知るというのか」
「何の話だ」
 将校は夢屋へと銃を構えなおした。青い瞳が、将校の脳に響く。脂汗が額に浮く。
 夢屋の背負った大きな鞄から、仄かな光が零れ落ちた。雪のような儚さで雨に溶けていく。足元に冷気が漂う。夢屋は腕をだらりと下げて、前を見据えた。
 弾けるように走り出す。夢屋は少女の手を引いた。視線が交わる。昼間は澄み切っていた夢屋の瞳が、今は這い出しそうなほど深い闇と狂気を抱えていた。全くの別人に映る。少女は彼に官能という恐怖を感じた。
「君は、僕と似すぎている」
 囁きは凌辱に近かった。強ばった体では抵抗もままならない。少女は夢屋に手を引かれて走り出した。雨粒が顔を打つ。少女は目を固く閉ざした。瞼の裏に、ぼんやりと光が浮かぶ。それは七色の煌めきで少女を優しく包み込み、雨の冷たさも走る呼吸も忘れさせる。少女の心は振り子のように揺れた。
 背後からは、娼館の男衆が手を伸ばしてくる。明かりのない路地で、息遣いだけが五感に届く。肌が粟立った。
 少女は縋るように目の前の背中を見上げた。走る速度が上がる。足が地面から離れた。少女の体が浮いた。繋いだ腕が引き千切れそうになる。
「もう少し、我慢して」
 風に消え入りそうなほど、彼の声はひどく掠れていた。少女は小さく頷いた。
「いい子だ」
 足元に光の帯が流れる。少女は夢屋の手を握り返した。
 入り組んだ道を夢屋は何度も曲がる。男衆は方向感覚を失ったことで体力を削がれ、次第に足をとめていった。階段の途中で夢屋が後ろを振り返った時には、男衆の姿はなかった。
 雨はもう、霧のようなやわらかさになっていた。
 上がった息を整えながら、少女は来た道をじっと見据える。ふと、自分のしたことが恐ろしくなった。
 すぐ足元まで路地の暗がりが忍び寄る。ひたひたと階段をあがってくる。そこから何本もの腕が伸びて、足首を掴まれる。
 少女は声なき悲鳴をあげた。背中を汗が流れる。
 二度とこの街には帰れない。
 今の生活に満足していたわけではない。幼い頃は、逃げ出せるならどんな手段も厭わなかった。けれども何度も失敗を重ねるうちに、希望を持つことすら愚かしく思えるようになった。
 望むから、夢破れるのだと。
 帰る故郷のない彼女に、行く場所などなかった。この街でしか受け入れてもらえない、少女は自分自身にそう言い聞かせてきた。
 これから先、どうやって生きていけばいいのか。考えるほど、繋がれた手が憎らしく思えた。
 少女は夢屋の手を振り払った。夢屋は驚いて目を瞠る。
「今ならまだ戻れるわ」
 黒い双眸に、強い意志が宿る。少女は踵を返して階段を下りていく。
「待って」
 男は濡れそぼった少女の背中を呼び止める。彼女は凍えながら立ち止まった。背後から夢見た温もりが溢れてくる。昼間、街角で食い入るほど憧れた心に包まれていく。体の奥で溶けていくものがあった。
 初めて見たときから、不思議な男だと思っていた。彼女が今まで出会った男は、皆どれも同じだった。顔の判別すらつかない。胸に誇らしげに付けているバッジの数で、彼女は相手を見分けていた。
 ただ、夢屋だけは全てが彼女の規格外だった。
 彼は彼女に、故郷の海を思い出させた。
 青く、広く、深く、優しい。
 さきほど見せた激しさもまた、時化のよう。
 自分はまるで、揺られる小舟だった。
『大丈夫。消えないよ。君のそばにいつもあるから』
 波音は消えることなく、風はいつも潮の香りを運んでそばにあった。
 振り返ると、目の前には光が溢れていた。海原の輝きが七色に映える。
 大きな瞳から、涙が零れた。
「助けて……」
 両手で顔を覆って少女は泣き崩れた。男の腕が支えて抱きしめる。背中に回った男の腕が、こんなにもいとおしいことは今までになかった。体の内側から広がる温もりに、少女は恍惚と浸る。湿り気を帯びた風が頬を撫でる。潮の香りが鼻孔をくすぐる。薄く目をあけると、夢屋の姿はなく、彼女は光に包まれていた。
 小瓶に詰められていた、七色の夢。
「よかった」
 光の束が夢屋へと収束していく。少女は強く抱きすくめられた。
「君の顔を取り戻せた」
 夢屋は少し体を離し、泣き出しそうな笑顔で、少女の頬を両手で挟みこんだ。雨や涙に濡れた肌を撫でる。
「思ったとおり、きれいだ」
 少女の頬に朱が走った。夢屋の言葉に照れたのではない。そう言ったときの彼の笑顔が、何よりも美しかったからだった。彼の碧眼は穏やかなまま、少女を真っ直ぐ見つめている。
 空気中の湿気が夜に冷やされ、肌に降りる。夢屋は外套を脱いで少女の肩にかけた。体温が心地よく少女を包んだ。
 夢屋はしゃがみ込んで、彼女のスカートに跳ね上がった泥をはたき落とす。かぶっていた帽子が、風に飛ばされ下へと転がった。
「放っておけなかった。だって、君が僕を呼んだんだ」
 階段に腰を下ろし、少女と目線を合わせる。彼女から息吹が舞う。
「矢のような鋭さで、射抜くほどに、自分よりも深い闇を」
「気付いていたの」
「もちろん。だって、僕は君の夢だから」
 夢屋は微笑みながら少女の頭を撫でる。
 雲は流れ、研ぎ澄まされた夜空が鳴る。
 少女は確かめるようにゆっくりと夢屋の腕を掴み、彼の首に両腕を回した。力の限りにしがみつく。
「連れて行って。一人にしないで」
「大丈夫。消えないよ。君のそばにいつもあるから」
 夢屋は彼女の背中を撫で、彼女の頬の匂いを嗅いだ。
「君、名前は」
「……セイ」
「いい名前だ」
「あなたは?」
「僕は――」
 地面から白い風が沸き起こる。少女は夢屋の腕の中で身を竦めた。夢屋は無邪気に微笑むと彼女の耳に囁いた。階段から影が消える。
 薄汚れた帽子が一つ、路傍の水溜りを吸い上げて夜空を見上げていた。