白と黒のロンド

01.ロザリオ(1)

 一発の銃声が、夜明け前の部屋に響いた。
 その残響が消えないうちに、男の体が床にくずれる。糸の切れた操り人形のようだった。蕾がひらいていくように、ゆるやかに生命が溶けだしていく。足元の絨毯は水気を含んでぬかるんだ。その上に、無遠慮な音を立てて銃が落ちた。
 ナルオミは途切れていく主人を見おろして、首をかしげた。
「カイト、カイト」
 あるじの名を呼んでも、返事はない。カイトがこれまでナルオミの言葉に応えなかったことはない。ならばこれはもう、あるじではないのだ。
 ナルオミは窓辺へ寄る。寒さに濡れた硝子には、散った血が淡く滲んで泣いていた。
 それからすぐに夜が明けた。
 ナルオミは拘束され、小さな部屋に押し込められた。冷たい床に寝転がって、海老のように背を丸める。痛みや空腹は気にならなかった。それよりもわずかに伸びた前髪が睫毛にこすれて気に障った。
 隣の部屋からは、話し声が聞こえてくる。ひとつひとつの声はナルオミの聞き知ったものだが、そこに親しみを覚えることはない。ナルオミは前髪の煩わしさに耐えかねて、目を瞑った。
「おい、起きろ」
 腹を蹴られて、ナルオミは目を開けた。いつしか眠っていたようだった。足の拘束を解かれ、立ち上がるよう顎で促される。見上げると、若い男がたった一人だった。
 もし、ここから逃げたなら。
 そこまで考えたものの、ナルオミは素直に立ち上がった。カイトの指示もなく無茶はできない。今は従うほかない。カイトはどうしているだろう。まさか彼が拘束されることはないだろうが、姿が見えないことに不安が募る。
 一体どこへ行ったのだろう。
 どこへ行けば、カイトに会えるのだろう。
 今、どこに。
 血の通っていない足は、自分のものではないようで、そもそも人のものであるかも疑わしいほど重く冷たかった。一歩踏み出して、膝から崩れる。若い男が、鼻で笑った。
 ナルオミは、薄笑いを浮かべる男を見上げて、眉をひそめた。カイトに報告せねばならない。組織内の規律が乱れている、と。
 カイトが継ぐべき組織だ。どこよりも強く結びついた、完璧な組織でなければならない。そのためにはまず、この不毛な跡目争いを勝ち抜けることが最低条件だ。
 遠く、カイトの声がする。記憶からはみ出して、耳底によみがえる。
『お前がいれば俺は無敵だよ。ナルオミ』
「カイト……」
 男はナルオミの腕を掴み、立ち上がらせる。背の高いナルオミは後ろ手に縛られたまま、男に覆いかぶさるようにして歩いた。
 一歩踏み出すたび、空っぽの体が音を立てる。その音は空き缶を蹴ったときのように、カツンカツンと冷たく響く。ナルオミは俯いた視界の中に出入りする靴先を見つめて、これは人の殻なのだと思った。中身のない、否、中身を失った殻なのだ。力が入らないのも、思考が散り散りになるのも、すべてここが空っぽだから。
 脳裏にふと、白く静かな夜明けがよぎった。霧のようなやわらかさが音もなく広がっていく。ナルオミはなぜ歩いているのかさえ、わからなくなった。
 それほど歩かないうちに男が止まる。目の前には両開きの大きな扉があった。
「生き残れるよう、せいぜい頑張りな」
 小さく呟いて、男が扉を開ける。背中を押されるまま、ナルオミは部屋へ入った。もう、一人で歩けるようになっていた。
 部屋には十人ほどの幹部がいた。どれも先代からの面々だ。ナルオミは突き刺さるような視線を両側から受けつつ、さらに奥まで進んだ。
「ナルオミ、だね」
 幹部を従える形で部屋の奥に座っていた人物が、口をひらいた。若く中性的な声だった。ナルオミはそこで足をとめた。
「はい」
 ナルオミは目の前の人物を見据えて頷いた。これほど間近に彼を見るのは初めてだった。話に聞いていたより若く、まだ少年の域を出ない。大きなひじ掛け椅子に収まった手足は、若木のように細くしなやかで、ゆるやかに羽織ったシャツからは、未分化の色香が匂い立っていた。濡れたように黒い髪から、夜を押し固めた瞳が覗く。
 少年は、嘲笑とも憫笑とも見分けのつかない笑みを浮かべた。それは自分に自信のある者がする眼差しだ。鷹揚で傲慢で貪欲で、美しい。彼は他人を従えるための吐息を持っていた。
 だがナルオミを従えることができるのは、カイトだけだ。カイトは行く宛てのなかった自分を拾って、ここまで育て上げてくれた。命の恩人どころではない。彼はナルオミの命そのものだ。
 ナルオミは目を伏せて静かに言った。
「アキさん、そこはまだ先代の椅子だ」
 背後にいた幹部らが、眉をひそめて声を洩らした。ナルオミはそれを肩越しに睨みつけて、ため息をついた。
「俺ひとりを押さえたところで、カイトが怯むはずがない。カイトは俺の命など惜しまない」
「おい、ナルオミ。お前、何を言ってる」
 ナルオミのすぐ後ろにいた白髪の男が、席を立った。古くから先代に仕えていた男で、カイトの世話役を務めたこともある。当然、カイト派の核として皆をまとめていた。
「何って、それは俺が訊きたい。ハセベさん、この茶番は何です。あなたはカイトを裏切るつもりか」
「まさか。カイトに裏切られたのはこちらだ。しかも茶番だと。いいかナルオミ、すべては終わったことなんだ。お前は次第を見ていたはずだろう」
 ハセベに肩を掴まれ、体を揺さぶられる。空っぽの体がカラコロと鳴る。
「次第。いったい、なんの……」
「今朝のことを覚えていないのか」
「……けさ」
 繰り返すだけのナルオミの口振りに、ハセベは顔を曇らせた。それまで二人のやり取りを眺めていた他の幹部も、思い思いに口をひらき始めた。
「さすがカイトの右腕だけあって、とぼけるのがうまい」
「かわいそうにな。どこまでもカイトに味方するか」
「時流が読めないのは、馬鹿の証拠よ」
「誰だ、奴を忠臣なんて言った奴は。ただの愚かな男じゃないか」
「それだけよく調教された犬ということさ」
「だがあれはナルオミの最大の武器だ。裏切らない、その身を尽くす……」
「は! 尽くした結果がこれだぜ」
「もしやナルオミがカイトを――」
 一人の男が、口にしかけた言葉をとっさに呑み込んだ。しかしその続きはもう皆の心に聞こえていた。
 ――ナルオミがカイトを殺したのでは。
 アキと呼ばれた少年が、突然声を上げて笑った。
「妄想、結構。でも僕は本当のことが知りたい」
 黙り込んでいた男たちは、唖然してとアキを振り返った。アキは口元を手で押さえながら、目を細める。
「ナルオミ。この椅子は、ついさっき僕のものになった。お前なら、経緯を話さなくても理解してくれると思ったんだけど」
「期待に沿えず……」
「大丈夫、きっとすぐに理解する」
 アキは置いてあった包みから銃を取り出し、ナルオミの足元に投げた。銃は床の上をすべり、立ちつくすナルオミの靴に当たってとまった。
 見慣れた銃だ。カイトが好んで使っていた、銃身が長めの回転式だ。その黒さは金属固有のものではない。内から這い出てくるものだ。覗いても見えない底から、深い闇がわき出てくる。
 ナルオミはとっさに目を逸らした。
 これは、見てはいけない。知ってはいけない。
「ナルオミ、現実を見ろ」
 アキが椅子から立ち、ナルオミの襟を掴んだ。強く引っ張られて、膝をつく。
「よく見るんだ」
 言われて、すぐそばに銃を見つめる。光を跳ね返した部分が白く欠けて、盲目の夜が明けていく。無理やりねじ込まれた朝の前では、ナルオミなど無力だった。
「あ……、あ」
 空っぽだった体の中に、濁流が流れ込む。色や形やにおいや音や、たった一つの情景に対して、抱えきれないほどの心象がナルオミを襲う。
「ああぁ……!」
 押し寄せる激流を受けとめきれず、ナルオミは叫びをあげた。体が中からはじけそうになって激しくもがく。それを周りにいた男たちが押さえ込んだ。ナルオミは頬を床に押しつけられ、視線の先に銃を見つめた。
 そうだ。カイトは死んだのだ。
 闇に溶け込みそうな銃を握り、疲れ切った頬を窓硝子に映して、二度と光に染まることなく、カイトはたった一つの銃弾で逝ってしまった。
 縄の食い込んだ手首が今さら痛む。ここ数日、寝食を惜しんだ体が鉛のように重く感じられた。
「カイト」
 ナルオミの切れ長の目から涙がこぼれた。だが、葉の上に残った雨粒が風に吹かれて落ちるように、ただそれきりだった。
 カイトの死が悲しかった。生きている自分が切なかった。ともに在ることをあんなにも願っていたのに、また捨てられた。なぜ自分ばかりが生き残るのか。なぜいつまでも誰かのものになれないのか。
「うわさどおりだな、ナルオミ。お前のカイトへの忠誠は、すでに腹心の域を超えている」
 アキはナルオミの視線の先に腰をおろし、あぐらを組んだ。背をかがめてナルオミを覗きこむ。舞い散る粉雪のように、色のない凛とした香りがふわりと伝う。
 ナルオミは奥歯を鳴らしてアキを睨みつけた。
「あなたが殺した。俺のカイトを、あなたが」
「違う。奴が死んだのは奴の弱さのせいだ」
「カイトを愚弄する者は殺す」
「だったらまずはお前が死ぬべきだな、ナルオミ」
「なにを――」
「お前だって、心のどこかでカイトに絶望していたんだろう」
 アキは膝に頬杖をついて続けた。
「この一ヶ月、カイトの動きはそれこそ煙草の本数に至るまで追わせてもらった。だがカイトを追うほど耳に入ってくるのは、ナルオミ、お前のことばかりだ。僕は無鉄砲にここへ来たわけじゃない。それなりの準備をして来た。その意味が、賢明なお前にならわかるはずだ」
「準備……」
「先代は僕の母親に随分とご執心だったから、組織との繋がりは作りやすかった。ここにいるほとんどとは、先代の生前から顔見知りだよ」
 場にそぐわない爽やかな笑みを見せて、アキはハセベを見遣った。ハセベは視線を受けて黙り込む。ナルオミは息を呑んだ。
「そんな、まさか……」
「カイトはただの血筋、先代の息子、それだけの存在だ。カイトをカイトたらしめていたのはお前だよ、ナルオミ」
 アキの白く細い指が、黒く沈んだ銃を取る。
「お前を始末して、僕が組織の総統になる」
 銃口がナルオミのこめかみに当てられる。いまだ押さえつけられたままのナルオミに逃れるすべはない。
 アキの指に力が入る。ナルオミはそっと目を閉じた。